洋風なお家にする

すっきりした部屋

新築時にフロアコーティングを実施する人が増えそうです

最近は、洋風建築の家が一般的になっているため、自宅に和室が1部屋もないという人が珍しくありません。畳敷きの部屋が少なくなった代わりに多くなったのがフローリング張りの部屋です。フローリングではなくカーペット敷きにした方が、適度なクッション性がある上に、足が冷たくないというメリットが得られます。しかし、カーペットはダニやカビの温床になりやすいため、フローリング床にする人の方が多いです。フローリングの床は掃除がしやすいですし、見た目がとてもスタイリッシュになります。ただし、フローリングの美しさや清潔さを長く保ち続けるのはなかなか大変です。そのため、最近では、家を新築した際にフロアコーティングを実施する人が多くなってきました。フロアコーティングをしておけば定期的にワックスがけをする必要がなくなるため、今後はフロアコーティングを実施する人の数がさらに増えるだろうと考えられています。

業者に工事を頼む際の注意点について

一口に一戸建て住宅のフロアコーティング工事と言っても、大きく4種類の工事に分けることができます。それは、ガラスコーティング、UVコーティング、シリコンコーティング、ウレタンコーティングの4種類です。どの種類の工事を選ぶのかによって、かかる費用や耐用年数が大きく変わってきますので、業者から見積もりを取った上でよく検討してみることをおすすめします。また、ハウスメーカーにフロアコーティングを頼むと費用が高くつく可能性が高いので、フロアコーティングの専門業者に直接頼むようにした方がよいです。インターネット上にフロアコーティング業者の一括見積もりサイトがありますので、それを利用して複数の業者から見積もりを取ってみるのが得策です。見積もりを取るだけで費用が発生してしまう心配はありませんので、一括見積もりサイトを積極的に活用してみることをおすすめします。